人気の治療法と勃起の仕組み|EDに悩んでいるならクリニックに行って悩みをすぐさま解消しよう

人気の治療法と勃起の仕組み

カウンセリング

勃起する仕組み

性的刺激を受けると、脳から一酸化窒素が放出されます。すると、性器の中に環状グアノシンーリン酸という物質が集まります。この物質は血管を拡張させる効果があるので、海綿体にに血液が充満することで性器が勃起します。

勃起が収まる仕組み

勃起がずっと続いてしまうのも困りものですよね。性的な興奮が落ち着いてくると、先程の血管を拡張させる物質である環状グアノシン-リン酸を分解する酵素が分泌されます。その酵素はホスホジエステラーゼ5番と呼ばれています。この酵素のお陰で、血管の拡張が収まり、海綿体の血流量が低下して勃起が収まります。

ホスホジエステラーゼ5番阻害薬

ED治薬にはホスホジエステラーゼ5番阻害薬と呼ばれる成分が含まれています。先程も説明したようにホスホジエステラーゼ5番には勃起に重要な環状グアノシン-リン酸を分解してしまう作用があります。この作用を阻害、つまり邪魔して分解してしまうのを押さえ込むことで、環状グアノシン-リン酸の量を増やし血流を良くしようというのがED治療薬の仕組みです。

ED治療薬の歴史

ED治療薬はそもそも、EDを治療する目的で作られた薬ではありませんでした。当初は狭心症を治療する目的で薬が開発されていたのですが、狭心症には効果がありませんでした。しかし、なぜか勃起が持続するという副作用がみられたのです。そしてこの副作用をED治療に活用した結果、バイアグラが生まれました。

広告募集中